<   2004年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Samba de uma nota só / Baden Powell

今年のマイ・フェイバリット。

今年も、あと残すところ1時間ほど。人生の中で、これほど忙しかった年も無かったなぁと、しみじみ振り返る大晦日でした。紅白見てようやく年の瀬を実感する始末。
年賀状もまだ手つかず。仕方ないので、今回は頂いた人だけに返信するか。。。

今年一番の思い出は酷暑。Blogのお陰で色んな音楽にも出会えた。Latinも随分聴いたなあ。なので、今年のマイ・フェイバリットはこれ。

♪ Samba de uma nota só / Baden Powell

a0038299_23193484.jpg








みなさま、良いお年を。
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-31 23:17 | 洋楽

Midnight Blue / Kenny Burrell

会社からそれほど遠くないところに、ホビーショップが出来た。

といっても、フィギュアを扱う店ではなく革細工やトールペイント、陶芸などのツールを扱う店だ。シルバー・クレイや化学実験器具も置いてある。近くにハンズのような店が無い環境なので、こういうのを扱ってくれる店は私にとって涙が出るほどありがたい。

いつかはハンズ大賞というのが、私の夢の一つでもあるのでね。

数年前、突如としてシャツ作りに目覚めた。理由は気に入ったシャツが見つからなかったから。生地を厳選し型紙を用意して、一週間の夏休みの間に2着仕上げた。出来映えには結構満足している。それ以来、ミシンがけには結構自信があるのだが、その先のアイデアが浮かばない。ハンズ大賞への道のりは険しい。。。
この次、いつビーズや銀細工に目覚めるか判らんので、この店には出来るだけ長く営業して欲しいものだ。
昼過ぎに店に入り、あれこれ眺めていたら、帰るころにはすっかり暗くなっていて。
空にはぽっかり、丸い月が浮いていた。

♪ Midnight Blue / Kenny Burrell

a0038299_0184231.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-27 00:21 | 洋楽

Houbava Milka (Beautiful Milka) / Le Mystère Des Voix Bulgares

メリークリスマス。

イヴですし、今夜はちょっとラシい選曲。ブルガリア国立放送合唱団を。
ブルガリアン・ヴォイスってば、来日してるんですね。今日知りました(遅)。

心清らかに。

Houbava Milka (Beautiful Milka) / Le Mystère Des Voix Bulgares

a0038299_0541721.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-24 23:55 | 洋楽

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! / Frank Sinatra

お出かけキャンセル。

家族で銀座にお買い物の予定が、全員体調不良でキャンセルになってしまった。
久々にアップルストアでお買い物しようと思ったのに...前半の忙しさが祟ったか。
いい加減夕刻なってから、みんな元気が出てきた。うちの家族はみんな夜型なのか? あるいは低血圧?? 
あんまり寒いので、さすがに遠出はしなかったけど、代わりに近所のデパートでミニクリスマスコンサートを鑑賞し、あとはじっくり静養。家でウインターソングを聴きまくる。

期せずして音楽三昧。

Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow! / Frank Sinatra

a0038299_22512620.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-23 22:53 | 洋楽

雪だより / 松任谷由実

クリスマス間近。

師走の忙しさは半端じゃない。忙しさにかまけてBlogも5日間更新無し。トホホ。
暫くは、週刊Blogになりそうな予感。

ついこの前まで御近所さんとの挨拶は「暖かいですねえ」が定番だったけど、なんだかんだいって、いよいよ寒くなってきた。スキー場からも雪便りがちらほら。今年は暫くぶりにスキーでも行ってみるか。って、まだ雪少ないですね。ま、年内はそんな時間もないですから、とりあえず2月ぐらいまでにはドカッと降ってほしいところ、山だけに(ここポイント)。
私にとってスキーはスポーツよりもレジャーの要素が大きい。一時はしゃかりきになって検定も受けてたけど。滑る事の爽快感もさることながら、スキー場までの行程(スノードライブですね。BGMも厳選して♪ )や山の頂上からの眺めなど、楽しみは多い。リフトでポケーっとしている時間も結構好きだ。リフトから見えるのは明らかに人工的な世界なのだけど、それでも自然を満喫した気分になれる。非日常への憧れかな。

スキー場でのあんなことや、こんなことを想像しつつ、居間で珈琲。
楽しみはずっと先になりそう。。。

♪ 雪だより / 松任谷由実 「SURF & SNOW」
a0038299_11463589.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-18 11:50 | 邦楽

Recorda Me / Joe Henderson

師走の中休み。

師走の気忙しい最中に、娘のバレエの発表会とおゆうぎ会が重なり、週末はてんてこ舞い。眠いぜ。

でも一番忙しかったのは当の本人だろうな。いまどきの子供達は本当に忙しそう。
お稽古ごとや、塾や、学校や、クラブ活動で、息つく暇ないもんな。

自分の子供の頃はせいぜい「そろばん教室」程度だったよ。それも中途半端で辞めたけど。
その代わり本を読む時間がたっぷりあった。無駄に色々考える時間もあった。そんな無駄な時間が、結構今のコヤシになってると思う。。。。これは負け惜しみ。
自分の色んな可能性を試せるんだもんな。。。。これは親の言い訳。

師走1/3通過、ちょっと休憩。Joe Hendersonで。

Recorda Me / Joe Henderson

a0038299_22363972.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-12 22:36 | 洋楽

Shaday / Ofla Haza

アラビア語の書道。

先日お酒の席で、ひょんなことからアラビア語の話になった。
さらに話が飛び「アラビア語の書道があるんですけどね」って話したら、
「ぶはは、ネタでしょ」と、笑われた。
いやいや、本当にあるんですってば。詳しくはこちら
そして日本にも有名なアラビア書道家がいるのです。

書道という文化があるのは、日本や中国などの漢字圏とアラビア語圏だけだそう。
書道の原点はどちらも写経やコーランの写しなど、宗教的な背景があるのですね。
では何故、聖書の写し(写経)というのは無いんだろう? 常々思っていたのですが、先日、家内と話していて判ったのです。聖書は教典じゃないんだ、と。
ちょっとスッキリ。

salsaさんから「5へえ」獲得済み。(やっぱネタか)

Shaday / Ofla Haza

a0038299_0125572.jpg









直球、アラブ圏の音楽。オフラ・ハザです。正確にはイスラエルの方ですが。
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-10 00:16 | 洋楽

Free / Deniece Williams

スポーツカーに乗ろうと思う。

今日はずいぶんと暖かな1日でした。12月では史上最高気温とか。
街を走っていても、今日は屋根をオープンにして走っているクルマが多かったな。
そろそろ足回りは冬タイヤに、と考えていたのだけど、なんだか風を感じられるクルマに乗り換えちゃおうかなと、ふと思ってしまった。

2シーターのオープンは、家庭の事情で不可なので、せめてサンルーフとか、Tトップとか。
この際、座席が4席ならクーペでも許してもらおう。快適性は二の次。
その昔、三船敏郎が、ZのCMに出てましたよね、カッコ良かったぁ。スポーツカーってのはアタマに白髪が生えてきてからが本当に似合うクルマになると思うんだな。尖ったヤツが尖ったクルマに乗っても鼻息荒くなるだけでしょ。静と動、光と陰みたいに背反するものが共存するような、そんなイメージ。いや、ただ乗りたいだけなんですけどね。

ですから、車内では喧しいのは聴きませんよ。「Free」なんて、どうでしょ。

Free / Deniece Williams
a0038299_23484314.jpg
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-05 23:53 | 洋楽

Brother Isaac / Donald Byrd

携帯電話のPDA機能を試す。

えー、このエントリーは完全に趣味の記事です。
なお、BGMには師走に聴きたくなるアルバムNo1を選んでみました。

本題。3ヶ月ほど前に愛用のPDAを手放しました。理由は過去記事の通り。最近のPDA市場は寒い。SONY、SHARPの相次ぐ米国コンシューマー市場撤退、国内売り上げの低迷などPDAの未来はひたすら暗いのです。理由は明快、携帯電話の台頭です。3Gでは本格的なPIM機能を持ったスマートフォンも現れ、今後ますます携帯へのPDA機能取り込みは加速するでしょう、というか、すでに凌駕されてます。恐るべし携帯電話。
来年には手書き機能、HDD実装と携帯の進化は留まるところを知りません。

で、PDAに選んだ端末はカシオ製A5406CA。320万画素AFカメラを搭載した2.5G機です。発売から半年が過ぎ、価格もこなれてきたところを(店頭で6000円だよ、安っ)1ヶ月前に入手。すかさずWebからMySync-Bizをダウンロード購入。最近ではパーソナル向けソフトとしてMySync-Suiteも発売されましたが、写真の加工や地図の切り出し機能など、「ひょっとしたら使うかも」程度の機能よりは、Outlookとのシームレスなシンクロに重点を置きました。DL販売で2000円。幸いカシオ製携帯はUSBクレードルが添付されているので、ケーブルの購入は不要です。

取説では専用USBケーブルのドライバインストールをしつこく要求しているんですが、取説のようにはインストールされません。それらしいドライバ削除しても問題なく動作するので、もしかして不要かも。本体ソフトのインストールは一発OK、全く問題なしでした。
シンクロの前にソフトウエア側からID識別のためにロックNoの要求があるのですが、あらかじめ携帯の取説を読んでおかないとロックNoの設定が判らないので、ちょっと注意です。

肝心のシンクロも一発OK。さすがはPDAメーカーです。もともとアドレス帳にふりがなを入力していなかったので、携帯のアドレスがあいうえお順にならないという問題はありましたけど。これは個人の使い方の問題。仕方ないので、Outlookのアドレスに一件ずつふりがなを入力し直しました。それと大した事ではないけど、携帯のアドレス帳に電番とメアドのアイコンが(家なのか会社なのか携帯か固定かみたいな)付与されるんだけど、これはみんなその他のアイコンになっちゃう。自動判別はやはり無理か。せめて電番ぐらいは携帯と固定を判別してほしいところ。これも後から再編集。ま、仕方ない。

A5406CAのスケジューラの使い勝手については申し分無いですね。携帯を開けば2アクションでスケジューラに入れますし、新規の設定も簡単。タスク(ToDo)に関してもスケジュールと同じレベルで表示されるので、締め切りの表示程度には使えそう。本機の使い勝手については他のHPでも盛んに書かれているので特に書きませんが、電池が持たないというのは評判通りでした。カメラ機能を使うと、あっというまにインジケーターが減ってゆきます。こまめな充電が必要です。

あとは打ち合わせの時に堂々と携帯を出せるか?という事。
PDAでもモノによっては差し障りがある事も。古風な方ですと「こいつケータイで遊びおって(怒)」なんて印象を持たれる場合もありますから。こうした誤解の原因は先行して定着した携帯ゲームのお陰。「全部入り」はもちろん悪い事ではないんだけど、そろそろ携帯もサングラスと眼鏡みたいに「私はこんな目的で携帯使ってます」っていう外見で使い道が判るような個性が必要なんじゃないかとも思うんですよ。黒革の手帳風携帯とかね。あとはPDAとしての携帯がもっと浸透する事を願うばかりです。

さて、話題は音楽に。師走になると何故か聴きたくなる1枚。
師走=クリスマス=賛美歌=コーラスという単純な思考のせいでしょうか。
我ながら理由が全然判らないんですけどね。

♪ Brother Isaac / Donald Byrd 「I'm Tryin To Get Home」

a0038299_14482061.jpg








試聴なし。残念。
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-04 14:49 | 洋楽

NIGHT AND DAY / 清水靖晃&SAXOPHONETTES

訳あって昼夜逆転中。

仕事の都合で12時間ずれて生活してます。今週限定ですが、今日辺りが一番辛い。
朝5時ぐらいに襲ってくる睡魔には正直勝てません。仕方なく30分ほど気を失ったりして。

明後日には通常の生活に戻る訳ですが、時差ボケを直すように上手くは行かないもんです。
選択肢としては、
1)がんばって30時間起き続ける。
2)18時間、惰眠をむさぼる。
の2案があり、できれば2)で行きたいのですが、環境的には厳しいかな、と。
真っ昼間ってのは、なかなか眠れんもんです。はい。

。。。。。だらだら書いているうちに就寝時間です。
外はヤケによい天気。富士山も綺麗だな。と呟きつつ。おやすみなさい。。。。

だるだるな寝覚めの一枚。

♪ NIGHT AND DAY / 清水靖晃&SAXOPHONETTES 「北京の秋」

a0038299_1032112.jpg







追記:猫のハンドルネーム募集にご応募頂きありがとうございました。本人とも相談した結果、ふるふるさんの「ルグリ」に決定いたしました。って、みなさん好きに呼んで下さい。

ふるふるさんには賞品として、ルグリのお腹と肉球触り放題券を進呈いたします。なお、ルグリにひっかれたり、噛みつかれたりしても当局は一切責任を負いませんのであしからず。
あ、バレエのルグリさんとは、こんな人。
[PR]
by cafe_musique | 2004-12-02 10:06 | 邦楽